ウグイス

ウグイス     (ウグイス科)  全長約15.5cm

全国の低地から山地の低木林のササ原で繁殖し、冬は暖地に移る。比較的尾が長い。ウグイスの仲間は皆よく似ている。しかし囀りに特徴があり、囀りを聞くと、種類がわかる。
手賀沼周辺では、通年、林やササやぶなどで見られる。千葉県では一般保護生物としている。

ウグイス

吉田隆行 撮影

戻る