ツミ

ツ ミ   (タカ科)     全長約30cm

本州以南の低山の林で繁殖し、冬は、全国の低山や平地にも棲む。同じ科のハイタカより小さく、キジバトよりも小さい。メスの下面の横斑は太い。
手賀沼周辺では、主に春の初めから夏の中頃まで林で見られるが、近年ほぼ通年観察されている。千葉県では重要保護生物。当会では当会独自警告種としている。繁殖が認められる。

ツミ

大久保陸夫 撮影

戻る