ツグミ

ツグミ      (ヒタキ科)   全長約24cm

九州以北に、冬鳥として普通に渡来する。市街地、芝生、耕地、川原、雑木林、山地の林などに棲む。胸の黒斑や翼の赤褐色は個体によって変化がある。下面は淡色に黒斑が目立つが、形は変化が多い。クイクイと鳴く。よく地上でエサを取る。
手賀沼周辺では、秋の中頃から春の終りまで、川原や公園、雑木林あたりなどで見られる。

ツグミ

西巻実 撮影

戻る