ツバメ

ツバメ   (ツバメ科)    全長約17cm

主に夏鳥として九州以北で繁殖する。建造物に営巣し、椀型の巣を作る。本州、九州では越冬例が見られる。尾に白い斑があり、額とノドが赤くめだつ。尾は深い凹形。
手賀沼周辺では、春の初めから秋まで市街地や沼、水田などで見られる。繁殖が認められる。

ツバメ

吉田隆行 撮影

戻る