トモエガモ

トモエガモ (カモ科) 全長約40cm

冬鳥として九州以北の湖沼、池、川などに渡来する。オスの顔には黄色と緑のトモエ模様が目立つ。メスの嘴の基部には白い丸い斑がある。
手賀沼周辺では冬鳥として、秋の終わりから春の初めまで、まれに沼で少数観察されている。我孫子野鳥を守る会では、当会独自警告種としている。千葉県レッドデータブックでは重要保護生物。環境省レッドデータブックでは絶滅危惧U類。

トモエガモ

中西榮子 撮影

戻る