トビ

ト ビ    (タカ科)     全長約64cm

九州以北の各地に留鳥として棲む。低地から山地の林で繁殖し、耕地、草原、海岸、川岸などでエサを取る。尾が三味線のバチ形であるのが特徴。ピーヒョロと特徴のある声で鳴く。
手賀沼周辺では、秋の初めから冬の終りまで沼や川原などで見られる。

トビ

中野久夫 撮影

戻る