タヒバリ

タヒバリ     (セキレイ科)  全長約16cm

冬鳥として全国に渡来し、耕地、水田、川原、海岸などに棲む。背の縦筋は明瞭、上面は茶褐色で下面には縦斑がある。地上を良く歩き尾を上下に振る。ピッピッと鳴く。
手賀沼周辺では、秋の中頃から春の終りまで、沼周辺の草地や水田などで見られる。

タヒバリ

西巻実 撮影

戻る