タゲリ

タゲリ  (チドリ科) 全長約31cm

主に冬鳥として、本州、四国、九州に渡来する。北海道では旅鳥としている。頭に冠羽があり、顔はカブキのくまどりのような模様があり目立つ。体の上面は濃い緑色の金属光沢があり、下面は白、胸に黒帯がある。
手賀沼周辺では、秋の中頃から春の初めまで、水田や干潟でみられる。当会独自警告種としている。

タゲリ

西巻実 撮影

戻る