オオジシギ

オオジシギ  (シギ科)  全長約30cm

本州中部の高原、本州北部及び北海道の草原に夏鳥として渡来する。渡りの時は全国の低地の水田、川岸などの湿地に棲む。飛んだとき、タシギのように翼の後縁や裏面に白色部がない。繁殖期には、急降下して、バタバタと大きな音を発する。ズビヤク、ズビヤクと鳴く。
手賀沼周辺では、春の中頃と秋の初めにまれに水田などで見られる。国では準絶滅危惧種。千葉県では最重要保護生物。当会では当会独自警告種としている。

オオジシギ

諏訪哲夫 撮影

戻る