オオハクチョウ

オオハクチョウ (カモ科) 全長約140cm

冬鳥として、各地の湖沼、内湾、河口、川などに渡来する。
手賀沼周辺では、まれに沼で秋の終りから春の初めまで観察される。

オオハクチョウ

諏訪哲夫 撮影

戻る