キクイタダキ

キクイタダキ   (キクイタダキ科)  全長約10cm

山地の針葉樹林の林で繁殖し、冬は山麓の針葉樹林に見られる。日本では一番小さな鳥。目の周りの白と頭頂部の橙黄線、三列風切羽外縁の白線が目立つ。
手賀沼周辺では、秋の終りから春の初めに林などでみられる。

キクイタダキ

諏訪哲夫 撮影

戻る