ケリ

ケリ    (チドリ科) 全長約35.5cm

本州北部及び中部の水田、草原で繁殖し、冬は本州中部以南から九州までの水田や干拓地の水溜りの近くに棲む。頭と胸は灰色で胸と腹の境は黒い。チドリ科の他の仲間と足を比べると、長く色は黄色である。飛ぶと黒、灰、白の模様が明瞭である。キキッ、キキッと鋭く鳴く。 手賀沼周辺では、秋の初めから春の初めまで耕地や水田周辺で見られる。警戒の強い鳥である。千葉県では最重要保護生物としている。当会では当会独自警告種にしている。

ケリ

中野久夫 撮影

戻る