カシラダカ

カシラダカ  (ホオジロ科)   全長約15c

主に冬鳥として全国的に渡来し、耕地、低木林、林縁などに棲む。頭の冠羽をよく立てる。ホオジロに比べて下面は白く、胸に褐色の帯がある。腰はクリ色をしている。
手賀沼周辺では、秋から春に耕地や雑木林、谷津田などで見られる。

カシラダカ

中野久夫 撮影

戻る