ジョウビタキ

ジョウビタキ   (ヒタキ科)   全長約14.5cm

冬鳥として全国に渡来し、平地から山地の耕地、低木林、明るい林などに棲む。オスは赤褐色の下面と頭部の銀灰色が目立つ、メスは赤っぽい尾と翼の白斑は目立ち、つぶらなひとみが印象的である。尾を細かく振る。
手賀沼周辺では、秋の中頃から春の初めまで農耕地や市街地の低木などで見られる。

ジョウビタキ

中野久夫 撮影

戻る