ヒクイナ

ヒクイナ  (クイナ科)    全長約22.5cm

全国の水田、湿地などに棲み、九州以北では夏鳥。尾は赤く、キョッ、キョッ、キョキョキョと次第に早く鳴く。
手賀沼周辺では春の終りから、秋の初めまで沼の葦原や水田などで、まれに見られる。千葉県では最重要保護生物。当会では当会独自警告種としている。

ヒクイナ

西巻実 撮影

戻る