ハシビロガモ

ハシビロガモ (カモ科) 全長約50cm

主に冬鳥として、湖沼、池、川などに渡来する。北海道では少数繁殖する。嘴がおおきくて平たい。水面に嘴をつけて廻りながらエサをとる。
手賀沼周辺では、冬鳥として秋の初めから冬の終りまで沼で観察されるが、真夏の最も暑い時期を除いて、通年近い観察記録がある。ここ数年めっきり数が減ってきている。我孫子野鳥を守る会では、当会独自警告種としている。

ハシビロガモ

野口隆也 撮影

戻る