ハマシギ

ハマシギ  (シギ科)  全長約21cm

旅鳥または冬鳥として、全国の干潟、大きな川岸、海岸などに渡来する。嘴は少し下に曲がっている。夏羽では腹に大きな黒斑があり、冬羽換羽中のものは、腹に黒い羽毛が少し残っている。冬羽では腹は白い。冬は大群をつくる。ジュールと鳴く。
手賀沼周辺では、春と秋の初めから冬に水田周辺や沼の干潟で見られる。

ハマシギ

西巻実 撮影

戻る