ハイイロチュヒ

ハイイロチュウヒ (タカ科)  全長約50cm

九州以北に冬鳥として渡来する。アシ原のある河口、海岸、沼沢地、川岸などに棲む。オスの体は灰褐色で初列風切羽は黒くはっきりしている。メスは褐色で翼と下面に黒帯あり、腰は白い。飛んでいる形態や習慣はチュウヒと同じである。飛んでいるとき翼は正面から見るとV字形をしている。
手賀沼周辺では、秋の中頃から春の初めまで、沼や河川周辺で見られる。特に冬は春、秋よりも見られる機会が多い。

ハイイロチュヒ

西巻実 撮影

戻る