アオバズク

アオバズク (フクロウ科)   全長約29cm

主に夏鳥として渡来し、低地から山地の林に棲む。市街地や村落にも普通に見られる。上面は暗緑色、下面は太い筋が目立つ。耳羽はない。ホッホッホッと鳴く。
手賀沼周辺では、主に春から秋の初めまで市街地で見られる。千葉県では重要保護生物。当会では当会独自警告種としている。

アオバズク

中西榮子 撮影

戻る