日  時2018年10月14日(日) 13:30〜15:20
内  容 第30回野鳥サロンを平成30年10月14日(日)午後1時30分から3時20分、水の館研修室において開催しました。
 当会は1977年から約40年にわたり、手賀沼の水鳥のカウント調査を行い、そのデータを蓄積しています。JBF2018では、このカウントデータに基づき、1977年〜2017年の手賀沼の水鳥の科別総個体数の推移、カモ科種別総個体数の推移をグラフに纏め、当会ブースでパネル展示します。これを機に、手賀沼の水鳥に関する現状の理解を深め、パネルに関する知識の共有化を図るため、データをどう評価・分析するのか、増減の理由は、更には科・属・種まで踏み込んだ個体数の推移と評価等について、間野会長から解説していただき、幅広い議論と意見交換を行いました。
 データをどのように読み解き評価するのかなどを中心に議論が白熱し、予定時間を20分オーバーしましたが、パネル内容に関する共通の理解・認識が得られました。
 JBFには全国各地から多くの方々が当会ブースを訪れます。多くの方々に当会ブースでパネル等をご覧いただき、手賀沼の水鳥の現状等にご理解をいただければと願います。
参 加 者28名
 報告者:桑森亮

 

 

撮影:相良直己



 

 

撮影:相良直己