本会としては久々7年ぶり2012年11月23日、24日に伊豆沼・蕪栗沼探鳥会を行いました。
1日目は夕暮れ時、数万羽のマガンの塒入り(落雁)を、2日目は夜明け前後、数万羽のマガンの飛び立ちを伊豆沼で観察しました。朝食後、また蕪栗沼に戻り数百羽のオオヒシクイが浅瀬で休息する様子を、帰途、昼頃千羽のマガンの群れが田で休息、採食する様子を観察することが出来ました。天気予報では曇り、雨の予報でしたので心配しましたが、雨にも降られず東北の雁を楽しむことが出来ました。小型バスで片道約10時間かかり、参加者13名でした。(鈴木静治)

夕暮れの落雁開始

夕暮れの落雁開始

撮影:村松寿夫



落雁を撮る

落雁を撮る

撮影:村松寿夫



マガン

マガン

撮影:村松寿夫



オオヒシクイ

オオヒシクイ

撮影:村松寿夫



着水

着水

撮影:村松寿夫



マガンで埋め尽くす

マガンで埋め尽くす

撮影:村松寿夫



真っ暗になってしまった

真っ暗になってしまった

撮影:村松寿夫



伊豆沼の夜明け

伊豆沼の夜明け

撮影:村松寿夫



一斉の飛び立ち

一斉の飛び立ち

撮影:村松寿夫



オオハクチョウ

オオハクチョウ

撮影:村松寿夫



蕪栗沼観察

蕪栗沼観察

撮影:村松寿夫



蕪栗沼観察

蕪栗沼観察

撮影:村松寿夫



ノスリ

ノスリ

撮影:村松寿夫



田圃にマガンの群れが

田圃にマガンの群れが

撮影:村松寿夫