2012/10/21快晴、無風。10月としては暑いほどの気候で、葛西臨海公園は何時にも増して多くの人々で賑わっていた。しかも、小潮で干潟が僅かに出るだけの、コンディションとしては最良とは言えぬ中、探鳥会は実施された。広い園内を端から端まで歩き廻り、認めた鳥は何と44種。キビタキ♂・ジョウビタキ♂・ヤマガラが一諸に出るシーンもあった。またこの時期としては珍しいヨシゴイを、全員が確認する事が出来た。このヨシゴイ、無事越冬する事が出来るのか?ちょっと心配だ。(金子雅幸)

<認めた鳥>カイツブリ、カワウ、ヨシゴイ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、ミサゴ、トビ、バン、オオバン、トウネン、ハマシギ、アオアシシギ、タシギ、イソシギ、セイタカシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ウグイス、キビタキ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、ムクドリ、カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、 計44種 番外カワラバト
<参加者>20名

まず、日本庭園ではヤマガラに

まず、日本庭園ではヤマガラに

撮影:松田幸保



ヤマガラ

ヤマガラ

撮影:丸嶋紀夫



西寄りの海岸でカモ・シギを観察

西寄りの海岸でカモ・シギを観察

撮影:松田幸保



ハマシギ

ハマシギ

撮影:丸嶋紀夫



カメラマンが呼んでいるキビタキを待つ

カメラマンが呼んでいるキビタキを待つ

撮影:松田幸保



通称 擬岩でアオアシシギを

通称 擬岩でアオアシシギを

撮影:松田幸保



アオアシシギ

アオアシシギ

撮影:丸嶋紀夫



飛び入りのヨシゴイ

飛び入りのヨシゴイ

撮影:丸嶋紀夫



近くに鳥影が無い小潮の海岸で

近くに鳥影が無い小潮の海岸で

撮影:松田幸保