中 西 榮 子 の 世 界 2016

―銚子いろいろ・田んぼあちこち―


2016年6月初め頃まで、波崎・銚子方面の漁港付近で、ウミスズメやシロエリオオハムなど、例年になく、長期にわたって、たくさんの海鳥を観察することが出来ました。また、私が、フィールドとしている田んぼのいくつかでは、思い掛けない出会いもありました。それらをご紹介させて頂きたいと思います。

 01

01-ウミアイサ♀-銚子-160131

♂ほど目立ちませんが、優しい雰囲気が好きです。これは、くつろぎのポーズでしょうか。



 02

02-ウミスズメ-銚子-160131

遠かったウミスズメが近づいて水鏡になってくれました。



 03

03-ウミスズメ-銚子-160520

多い日には、10数羽の群れを見ることが出来ました。これは、海藻のところに採餌に来たシーンです。



 04

04-シロエリオオハム--銚子-160131

喉のところの黒いネックレス。これが冬羽に見る識別ポイントです。



 05

05-シロエリオオハム--銚子-160412

後ろ姿ですが、角斑が見え、夏羽に換羽中であることが伺えます。



 06

06-シロエリオオハム--銚子-160520

冬から初夏まで、長い間、観察することが出来ました。多い日には、6個体ものシロエリオオハムを見ることが出来ました。



 07

07-オオハム-波崎-160418

脇の後方に白斑が見えます。これが、オオハムの識別ポイントです。



 08

08-アカエリカイツブリ-波崎-160525

タイミング良く羽を広げたところを撮ることが出来ました。



 09

09-キバラガラ-銚子-160114

ほぼ半年にわたって君ヶ浜に滞在したキバラガラ。これは、冬羽です。



 10

10-キバラガラ-銚子-160207

喉のところが、黄色から白色に変わって来ています。夏羽に換羽中なのです。喉のところが白いことから♀と分かります。♂は、黒くなります。



 11

11-キバラガラ-銚子-160216

これは、さらに換羽が進みました。松の実を好んで食べていました。



 12

12-ウズラシギ-与田浦-150516

タイミング良く出会ったディスプレイのシーンです。



 13

13-ウズラシギ-与田浦-150516

♂が♀2羽にモーションを掛けますが・・・



 14

14-ウズラシギ-与田浦-150516

結局、成立しませんでした。



 15

15-ヒクイナ-稲敷-150907

巣立って、まだ、日の浅い雛と母親と思われるヒクイナのショットです。



 16

16-ヒクイナ-稲敷-150907

真っ黒クロスケ。可愛いヒクイナの雛です。



 17

17-ヒクイナ-稲敷-150907

ヒクイナの雛は、全部で6羽いました。両親とも近くに居ましたが、全員集合はありませんでした。



 18

18-エリマキシギ-稲敷-160418

春の渡りのシギ・チを求めて出掛けた田んぼで出会ったエリマキシギ。これが大変身するとは、この時、想像することすら出来ませんでした



 19

19-エリマキシギ-稲敷-160421

わずかに襟元に黒味が見られます。



 20

20-エリマキシギ-稲敷-160426

初めて出会ってから8日後、襟元に黒光りする羽が見え始めています。



 21

21-エリマキシギ-稲敷-160429

初めて出会って11日後、見違えるような夏羽のエリマキシギになっていました。♀と一緒に。



 22

22-エリマキシギ-稲敷-160429

羽を広げて、ゆったりと。



 23

23-エリマキシギ-稲敷-160429

夏羽の別個体です。



 24

24-エリマキシギ-稲敷-160429

夏羽2個体です。



 25

25-エリマキシギ-稲敷-160501

夏羽2個体と♀2個体、およびオオハシシギです。



 26

26-エリマキシギ-稲敷-160501

夏羽2個体です。



 27

27-エリマキシギ-稲敷-160501

夏羽2個体です。



 28

28-エリマキシギ-稲敷-160501

襟元の黒いふさふさが目立ちます。初めて出会って13日後、大変身です。この翌日には、姿が見られなくなりました。



 29

29-エリマキシギ-稲敷-160501

画像の左からオオハシシギ、エリマキシギ夏羽、♀2、オオハシシギ



 30

30-ウスハイイロチュウヒ-手賀沼-090125

♂第1回冬羽 手賀沼で、日本に初めての飛来です。



 31

31-ウスハイイロチュウヒ-手賀沼-090125

初めて見たのは、前年(2008/12の初め)です。



 32

32-コチョウゲンボウ-手賀沼-101111

手賀沼で、冬になると良く見られました。



 33

33-コチョウゲンボウ-手賀沼-101113

すぐ目の前に飛んで来てビックリ!!!



 34

34-コミミズク-手賀沼-110122

手賀沼での嬉しい出会いです。



 35

35-コミミズク-手賀沼-111224

数羽のコミミズクが、手賀沼で見られた時がありました。



 36

36-ウズラ-手賀沼-120229

雪の日の手賀沼で出会った2羽のウズラです。



 37

37-ウズラ-手賀沼-120229

雪の中にうずくまるようにしていました。



 38

38-ウズラ-手賀沼-120229

恐らく♂♀と思われます。



 39

39-コクマルガラス-手賀沼-130304

ミヤマガラスの群れの中に居ました。白と黒がチャームポイント。



 40

40-キジ-ひどり橋-130602

巣立って、まだ日の浅い雛と肝っ玉かあさん。母さんキジの下には、11羽の雛が居ました。



TOP 映写会目次