小 池 勉 の 世 界 2016

―モンゴルの野鳥―


ここに掲げた写真は、2016年6月15日〜22日の間に実施したモンゴル探鳥旅行において撮影したものです。なお、コメントとして記載した内容の資料源は、フィールドガイド「日本の野鳥」(日本野鳥の会、2003年版)による。

 01

01 アカアシチョウゲンボウ モンゴル(ウランバートルーバヤン湖)2016

迷鳥として春の渡りに新潟、対馬、五島列島で記録されています。



 02

02 ソウゲンワシ モンゴル(ウランバートルーバヤン湖)2016

日本では観察されていません。



 03

03 アカハラツバメ モンゴル(バヤン湖)2016

夏鳥として日本に渡来するツバメの亜種とされています。



 04

04 マナズル親子 モンゴル(バヤン湖)2016

鹿児島県出水市に冬鳥として渡来することで有名です。



 05

05 オオハクチョウ モンゴル(バヤン湖)2016

冬鳥として北日本や日本海側の地域に多く渡来します。



 06

06 オオノスリ モンゴル(バヤン湖)2016

稀な冬鳥として九州と対馬で記録があります。



 07

07 カササギ モンゴル(ウランバートル近辺)2016

佐賀平野を中心にした北九州地方に留鳥として住んでいます。



 08

08 コクマルガラス モンゴル(ウランバートル近辺)2016

冬鳥として主に九州地方に渡来するが、手賀沼にも来たことがあるようです。



 09

09 ベニハシガラス モンゴル(ウランバートルーマンダルゴビ) 2016

日本ではまだ確認されていないようです。



 10

10 アネハズル モンゴル(ウランバートルーマンダルゴビ) 2016

稀な冬鳥又は旅鳥として渡来します。



 11

11 ワタリガラス モンゴル(ウランバートルーマンダルゴビ) 2016

冬鳥として北海道北部に渡来することがあります。



 12

12 ツクシガモ モンゴル(ウランバートルーマンダルゴビ) 2016

冬鳥として渡来し、主に九州の有明海で見られます。



 13

13 クロハゲワシ モンゴル(マンダルゴビーダランザドガド) 2016

冬期に稀に1羽ずつ迷鳥として来ることがあります。



 14

14 ヒマラヤハゲワシ モンゴル(マンダルゴビーダランザドガド) 2016

日本では観察されていません。



 15

15 イナバビタキ モンゴル(ヨリーンアム渓谷) 2016

迷鳥として、過去に1回、鳥取県で確認されています。



 16

16 ユキスズメ モンゴル(ヨリーンアム渓谷) 2016

日本では観察されていません。



 17

17 シロビタイジョウビタキ モンゴル(ヨーリンアム渓谷) 2016

日本では観察されていません。



 18

18 ハシグロヒタキ♀ モンゴル(ホンゴル砂漠近辺)2016

迷鳥として日本に渡来したことがあります。



 19

19 アカモズ モンゴル(ホンゴル砂丘近辺)2016

夏鳥として九州、本州、佐渡、北海道に渡来します。



 20

20 カオジロオタテガモ モンゴル(ホンゴル砂丘)2016

日本では観察されていません。



 21

21 アカツクシガモ モンゴル(ホンゴル砂丘)2016

冬鳥として渡来するが少ない。



 22

22 ヒメチョウゲンボウ♂ モンゴル(ホンゴル砂丘ーゲゲーティーン・フンディー)2016

迷鳥として1977年に対馬の水田で1回確認されています。



 23

23 セーカハヤブサ モンゴル(ホンゴル砂丘ーゲゲーティーン・フンディー) 2016

日本では観察されていません。



 24

24 セグロサバクビタキ♂ モンゴル(ゲゲーティーン・フンディー) 2016

稀な旅鳥として渡来します。石川県舳倉島では、しばしば確認されています。



 25

25 イワシャコ モンゴル(ゲゲーティーン・フンディー) 2016

日本では観察されていません。



 26

26 モウコナキマシコ モンゴル(ゲゲーティーン・フンディー) 2016

日本では観察されていません。



 27

27 オオチドリ モンゴル(ゲゲーティーン・フンディーーダランザドカド) 2016

稀な旅鳥として渡来します。



 28

28 サバクヒタキ♀ モンゴル(ダランザドガドーハダディーン・ツールム池) 2016

迷鳥として渡来することがあります。



 29

29 コヒバリ モンゴル(ハダディーン・ツールム池) 2016

稀な旅鳥又は冬鳥として渡来します。



 30

30 ハジロクロハラアジサシ モンゴル(ハダディーン・ツールム池) 2016

主に旅鳥として渡来します。



 31

31 ハマヒバリ モンゴル(ハダディーン・ツールム池) 2016

数少ない冬鳥として渡来します。



 32

32 キガシラセキレイ♀ モンゴル(ダランダザドガド市内)2016

春に稀に渡来します。石川県舳倉島で観察されています。



 33

33 キガシラセキレイ♂ モンゴル(ダランザドガド市内)2016

春に稀に渡来します。石川県舳倉島で観察されています。



 34

34 サバクビタキ♂ モンゴル(ダランザドガド市内)2016

迷鳥として渡来することがあります。



 35

35 セイタカシギ モンゴル(ウランバートル近辺)2016

主として旅鳥として渡来するが、少数は繁殖します。また越冬するものもあります。



 36

36 ベニアジサシ モンゴル(ウランバートル近辺)2016

夏鳥として渡来し、琉球諸島で繁殖し、その周辺で見られます。



 37

37 サカツラガン モンゴル(ウランバートル近辺)2016

冬鳥として渡来するが少ない。マガン等の群中に単独でいる例が多い。



 38

38 オナガ モンゴル(ウランバートル近辺)2016

福井、岐阜、愛知を結ぶ線以北の本州に留鳥として分布しています。



 39

39 ルリガラ モンゴル(ウランバートル近辺)2016

迷鳥として1987年に北海道利尻島で1羽が記録されています。



 40

40 ヤツガシラ モンゴル(ウランバートル近辺)2016

主に旅鳥として春と秋に渡来するが少ない。1982年に長野で繁殖例があります。



TOP 映写会目次