古 賀 嗣 朗 の 世 界 2014

―スリランカの鳥―

昨年、2013年2月10日(日)〜17日(日) スリランカ探鳥旅行をした。野鳥約100種撮影したが、ここに40種紹介します。
スリランカは、16世紀初めから500年以上もの長きに亘って、ポルトガル、オランダそしてイギリスの植民地になった。スリランカ として独立を果たしたのは、約40年前の 1972年、つい最近である。セイロン紅茶で有名だが、独立前のイギリス連邦セイロン自治領時代から来た名称である。鳥の和名も未だにセイロン〜であるが、新英名図鑑は全て Sri Lanka〜に変更されているので、私もスリランカ〜とした。スリランカでは 約450種観察され、27種も固有種がいる。国立公園や森林保護区に多様多種集中して棲んでるという。

固有種:8種
日本鳥:6種

 01

01 スリランカヤケイ♂(固)

固有種で国鳥。若冲の描く日本の鶏に似て色彩豊かで美しい。



 02

02 スリランカヤケイ♀(固)

外人が地面に横這いになって直ぐ近くににじり寄り、大レンズでパチパチ撮っていた。



 03

03 タカサゴクロサギ(日本鳥)

日本(136)では非常に稀な迷鳥。幸いにもスリランカで1度だけ見れたのは嬉しい。



 04

04 シロガシラトビ

日本で「今後記録される可能性ある鳥」の1種。コロンボ近くの青空に舞ってくれた。



 05

05 シロハラウミワシ

高地ヌワラエリアで降雨直前曇り空に舞ってくれた。この後大雨になり探鳥中止に。
日本で「今後記録される可能性ある鳥」の1種。トビの角尾とワシの凸尾が判る。



 06

06 カンムリワシ(日本鳥)

日本(347)では八重山諸島の留鳥。飛行中下面の斑模様が特徴で、識別出来る。



 07

07 カワリクマタカ

広く分布。シンハラジャのロッジの使用人が口笛を吹くと、飛来したのに驚いた。



 08

08 インドトサカゲリ

赤い鶏冠の本種と 黄鶏冠のキトサカゲリを見た。鳧独特の長い脚をしている。



 09

09 キンバト(日本鳥)

日本(77)では先島諸島に分布するも、見たことはなかった。シンハラジャのロッジに来た。



 10

10 ムネアカアオバト

ブンダーラ国立公園の樹上にいた。赤、紫、青、黄、緑、灰、黒などの色を帯びている。



 11

11 オニカッコウ(日本鳥)

日本(180)では迷鳥。カラス類、ハゲミツスイ類、コウライウグイス類などに托卵する。



 12

12 アカガオバンケンモドキ(固)

固有種。シンハラジャの頭上の樹間にいた。上向き撮影で首が痛くなった。



 13

13 オオバンケン

姿形のそっくりなバンケン(L38、日本で迷鳥)より一回り大きい(L48)。



 14

14 スリランカガマグチヨタカ

シンハラジャの森を掻き分け、ガイドが案内した目の先に。雌雄寄り添っていて逃げない。
雌が後ろ向きで残念。翌日再挑戦に行くも もぬけの殻。



 15

15 カンムリアマツバメ

ブンダーラの樹枝に休んでいた。ジープから伸び上って小さな隙間から撮る。



 16

16 ミドリハチクイ

水辺で2羽戯れていた。喉が青く、尾の先に2本針状の羽が伸びている。



 17

17 ハリオハチクイ

喉が茶で、尾に針状の羽が伸びている。口を開けて虫を追う姿や2羽で飛び交う姿も見た。



 18

18 チャガシラハチクイ

喉は黄色っぽく、頭が茶色で、尾に針羽がない。いづれも敏捷に飛び、舞う姿は美しい。



 19

19 コウハシショウビン

初日、映画「戦場に架ける橋」のロケ地となったキトルガラで、キャラニ河を丸木舟で渡った。
幅25cm程くり抜いた中に立ったまま乗る。片側に転倒防止の木が付いている。
向こう岸に到着直前、幸運にも頭上の鋼線に止まった。



 20

20 アオショウビン(日本鳥)

日本(379)では迷鳥。初日朝探、朝日の出た頃、橋の直ぐ下に来た。その後あちこちで見た。



 21

21 キビタイゴシキドリ(固)

固有種。嬉しいことに、シンハラジャのロッジの食堂窓辺近くに来た。



 22

22 スリランカコサイチョウ(固)

固有種。初日朝探からの帰り、ホテル前の庭、木の実を食べに来ていた。見たのはこの1回。



 23

23 ヒメコガネゲラ

英名はWoodpecker でなく、Goldenback 又は Flameback という。背の色が鮮やかだ。



 24

24 スリランカサンジャク(固)

固有種。図鑑の表紙を飾る色鮮やかな鳥だ。シンハラジャの森で近くを飛び回ってくれた。



 25

25 スリランカサンジャク(固)

山鵲、カラスの仲間なので、声は推して知るべし。尾の裏側は白黒の斑模様だ。



 26

26 オウチュウ(日本鳥)

日本(414)では数少ない旅鳥。深い凹尾が特徴で、全身黒いが、口角の小さな白斑が目印。



 27

27 シロハラオウチュウ

姿形はオウチュウに似ていて、腹が白っぽい。初日キャラニ渓谷で見た。



 28

28 カザリオウチュウ

成鳥は尾の両端が長く伸びて先端に羽がある。写真のはまだ短く、頭頂に冠羽がある。



 29

29 エボシヒヨドリ

シンハラジャの森で一度だけ出会う。和名は、エボシというよりズグロヒヨドリが似合う。



 30

30 シリアカヒヨドリ

あちこちで見た。尻が赤いのが特徴だが、ズグロで頭頂が尖って見える。



 31

31 キマユヒヨドリ

シンハラジャの森で一度だけ出会う。全身黄色っぽいので、眉の黄色は目だたない。



 32

32 シロガシラクロヒヨドリ

頭も黒いのに和名がシロガシラクロヒヨドリとは。調べたら英名Himalayan Black Bulbul で、図鑑「Birds of East Asia」 p338/339に Hypsipetes leucocephalus のイラストがあった。



 33

33 マミジロオウギビタキ

名前の通り、眉白く、尾を扇状に開く。残念にも、開いた時は遠くて写真がボケた。



 34

34 カワリサンコウチョウ♂

雌は13日ウダワラウェで見たが、幸運にも、雄を15日シンハラジャのロッジ裏で見た。



 35

35 カワリサンコウチョウ♀

雌赤褐色で雄は白色。頭は黒いが、体や長い尾は真っ白で、ヒラヒラ飛ぶ様はパラダイスだ。雌の尾は短いが、写真の尾は長めに見える。もしかしたら、赤褐色の雄かも?。



 36

36 スリランカマミジロマルハシ(固)

固有種。シンハラジャの藪に隠れて動き回る所に出会った。眉白く、嘴が丸く湾曲している。



 37

37 ズグロインドチメドリ

同じく、シンハラジャの藪で出会った。目の周りが黒っぽく、嘴は短い。



 38

38 スリランカジツグミ(固)

固有種。シンハラジャの通路に出てきて、採食していた。近くを動き回ってくれた。



 39

39 チャムネサメビタキ

シンハラジャの小道を登っていると、枝に止っている鳥を見つけた。コサメに似ている。



 40

40 クリセタイヨウチョウ

雄は頭と体が濃紫で、腹が黄色だ。花密を吸うため比較的に長い嘴をしている。



 41

41 ムラサキタイヨウチョウ♂

雄は全身濃紫だが、エクリプス時、黄色の腹に黒筋が入る。



 42

42 ムラサキタイヨウチョウ♀



 43

43 クリムネタイヨウチョウ

三者の内、嘴が一番長い。雄は全身濃紫だが、雄若鳥は腹が黄色で、喉に黒斑がある。



 44

44 スリランカメジロ(固)

固有種。ヌワラエリアの朝探で1度きり出会う。スリランカメジロとハイバラメジロの2種いる。特徴は、嘴が長め、上面が暗緑色、下面が脇腹も含め白色である。ヌワラエリア高地に分布。ハイバラメジロは日本のメジロに似ていて、スリランカ全土に分布。



TOP 映写会目次