小 玉 文 夫 の 目 2011


 01

01 タンチョウ釧路110226.jpg

阿寒町タンチョウ観察センターには毎年200羽前後のが飛来するそうだ



 02

02 タンチョウ釧路110226.jpg

2月から3月にかけて見られる求愛ダンスか



 03

03 撮影風景釧路110226.jpg

国内各地から多くのカメラマンが訪れる。海外からも撮影に訪れていた



 04

04 タンチョウ釧路110226.jpg



 05

05 タンチョウ釧路110226.jpg



 06

06 タンチョウ釧路110226.jpg



 07

07 タンチョウ釧路110226.jpg

午後2時給餌が始まった。バケツの小魚を与えている



 08

08 タンチョウ釧路110226.jpg



 09

09 キタキツネ釧路110226.jpg

キタキツネも現れた



 10

10 タンチョウ釧路110226.jpg

オジロワシやカラスも上空に現れる



 11

11 タンチョウ釧路110226.jpg

オジロワシ



 12

12 オオワシ釧路110226.jpg

地元の方の話では、オジロワシが得た小魚を奪うべくオオワシが近くの梢で待機しているのだそうだ



 13

13 タンチョウ釧路110226.jpg



 15

14 瓢湖110618.jpg

6月の瓢湖はあやめ祭りの真っ最中



 16

15 瓢湖110618.jpg

6月の瓢湖



 17

16 瓢湖110618.jpg



 18

17 瓢湖110618.jpg

20羽ほどのオオハクチョウが北に戻ることが出来なかったそうだ



 19

18 瓢湖110618.jpg



 20

19 瓢湖110618.jpg



 21

20 瓢湖110618.jpg



 22

21 瓢湖110618.jpg



 23

22 瓢湖110618.jpg



 24

23 瓢湖110618.jpg



 25

24 金御岳091008.jpg

都城市の南東に位置する標高472メートル金御岳におけるサシバの渡り



 26

25 金御岳091008.jpg

金御岳から都城市の市街地の向こうに霧島連山を望む



 27

26 金御岳061009.jpg

前日、金御岳の周辺で一泊したサシバの群れが、早朝の上昇気流を捉えて飛び立つのをスギの梢で待機している



 28

27 金御岳091008.jpg

北のほうから飛んできたサシバの群れは、金御岳の周辺で鷹柱を形成し、高度を得て南へと渡っていく



 29

28 金御岳091008.jpg

金御岳の山頂にはハングライダーの飛翔台が作られている



 30

29 金御岳091010.jpg



 31

30 金御岳091010.jpg



TOP 映写会目次